ビジネスニュース

「キリン、健康関連に軸足鮮明」ファンケルを完全子会社化
キリンホールディングス(HD)は14日、持ち分法適用会社で健康食品大手のファンケルを完全子会社化すると発表した。TOB(株式公開買い付け)を実施し、年内にも全株式を取得する。実現すれば2019年の資本業務提携から5年超しの買収となる。満を持したファンケルの完全買収で覚悟を決めたキリン。健康関連事業に背水の陣で臨む。(2024年6月17日 日経流通新聞MJ)
「不健康な飲酒 女性蝕む」50代は倍増
不健康な量のお酒を飲む女性が増えている。特に50代で増加が目立つ。女性が本格的に社会進出し、仕事も飲み会も男性並みにこなしてきた世代だ。生活習慣病のリスクを高める量のお酒を飲む女性の割合が男性を上回ったとの東京都の調査もある。女性は一般的に男性に比べてアルコールの分解速度が遅く身体に大きな負担がかかりやすい。(2024年6月16日 日本経済新聞朝刊)
年金、今年度分支給始まる「増額、物価伸びに届かず」
2024年度の最初の公的年金が14日、支給された。物価上昇などを受けて金額は前年度よりも2.7%増えた。将来世代の年金水準を確保するために支給額を抑える仕組みがあるため、増額幅は賃金の物価の伸びには届かない。(2024年6月15日 日本経済新聞朝刊)
「キリン、5年越しの買収」健康事業で成長目指す
 キリンホールディングス(HD)は14日、持ち分法適用会社で健康食品大手のファンケルを完全子会社化すると発表した。TOB(株式公開買い付け)を実施し、年内にも全株式を取得する。実現すれば2019年の資本業務提携から5年越しの買収となる。満を持したファンケルの完全買収で覚悟を決めたキリン。健康事業に背水の陣で臨む。(2024年6月15日 日本経済新聞朝刊)
「キリン、ファンケルを買収」2100億円、完全子会社化
キリンホールディングス(HD)は健康食品大手のファンケルを買収する。TOB(株式公開買い付け)で年内にも完全子会社化する。現在は約33%を出資する。買収額は約2100億円とみられる。ビール市場が伸び悩む一方、健康食品市場は世界で拡大している。ファンケル買収でノウハウを取り込み、ビール中心の経営からかじを切る。(2024年6月14日 日本経済新聞朝刊)
最初のページ  前のページ  1 2 3 4 5  次のページ  最後のページ