研修・セミナー一覧

受講可能な研修


お申し込みが必要な研修

健康維持や健康づくりには医薬品だけでなく、サプリメント、食事、運動、介護、環境など、日常生活に係る多くの相談に対応も必要です。一人ひとりにきめ細かな対応を行い、健やかで快適な生活を支援するため、様々なテーマの学習が受けられます。
店頭で相談が多い、腰痛、肩こりや、高齢者に多く見られる骨粗鬆症、ロコモフレイルなどの受診勧奨の指標を学ぶ研修です。「肩こり」、「腰痛」、「膝痛」、「骨粗鬆症」、「ロコモフレイル」の対策ノウハウを映像でまとめられています。
医薬品登録販売者試験 合格を目指す方々のためのセミナーです。講義動画では覚えるべきポイント、理解するためのカギ、重要なキーワードなどを分かりやすく解説。質の高い講義動画を繰り返し視聴できるeラーニング形式のセミナーです。
厚生労働省 外部研修ガイドラインに対応した研修です。年間12時間に必要な学習を集合研修(座学)と通信研修(eラーニングまたはマークシート)を組合せて受講できます。 ※コロナ禍の状況によって実施方法が異なる場合があります。 【登録販売者資質向上研修で寄せられたQ&Aはこちら】
厚生労働省の「健康サポート薬局制度」に求められている研修です。健康情報拠点薬局として必要な知識を、地域住民目線で分かりやすく説明できるテキストとなっています。地域連携への対応能力の向上、OTC薬の適正な販売と情報提供に活用下さい。
地域連携薬局の認定を受けるには、常勤薬剤師の半数以上が健康サポート薬局研修を修了し、健康サポート薬局研修を修了していない薬剤師も、毎年、地域包括ケアシステムを学べる研修の受講が必要です。 地域包括ケア関連知識を習得できる研修としてご活用下さい。
厚生労働省が2019年4月2日に発出した「調剤業務のあり方について」に基づく研修です。どの薬局でも共通する必要な知識を効率的に習得することで薬局の負担を軽減することを目指しています。厚生労働省から非薬剤師に調剤補助業務を行わせている薬局に対して、研修の実施状況の実態調査が行われる予定です。本研修の実施プログラム等をご活用下さい。