セルメプラザへようこそ
セルメプラザへようこそ

皆さまのキレイと元気を応援する健康総合プラザです。
元気な方、元気になりたい方、元気をサポートしている方が
知りたい情報が得られる、このセルメプラザでお楽しみください。

会員ページログイン
会員登録
会員登録はこちら

JACDS勤務薬剤師会会員、日登協会員、JACDS認定アドバイザーの方が登録することができます。


Informationゾーン

初めてのご利用の方へ 通信研修はこちら 集合研修はこちら コンシェルジュご利用の方へ 健康サポート薬局研修

セルメ・プラザからのご案内

2019年度 登録販売者「通信研修」について
 2019年度通信研修の学習期間は、2019年4月1日~2020年3月末です。期間中に6回分合格すると受講証明証が発行されます。なお、eラーニングは月に2回(2時間分)までの回答が可能です。通信研修修了まで最短で3か月間必要です。
 通信研修修了を目指す場合、スケジュールにご注意ください。郵送教材を使った通信研修(実費1,850円(税込))をご希望の方は日登協事務局へご連絡ください。

【重要】2019年度 登録販売者資質向上研修の実施方法の一部変更について
 都道府県行政によって4月中に研修実施報告をしなければならない地区があり、より適切に対応するために2019年度通信研修の実施方法を一部変更させて頂きます。
 2019年度は全員共通のカリキュラム(テキスト)で学習して頂きます。また、7月以降はスマートフォン・タブレットに対応する予定です。概要はこちらをご参照ください。


◎「健康サポート薬局」研修のご案内
 技能習得型研修開催日程公開中

◎登録販売者資質向上研修 2019年前期集合研修のご案内
◎登録販売者集合研修 Q&A集のご案内
◎セルメプラザ会員登録 設定についてのQ&A
◎日登協集合研修テキスト・バックナンバー販売中(NEW!)

薬事に関する最新情報やトピックスなどのご案内を行っています。

「社会保障改革 後退色濃く」参院選配慮にじむ

 財務省は23日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、少子高齢化で膨らむ社会保障制度の抑制をめざす改革案を示した。2018年に掲示した目玉政策を曖昧にするなど表現の後退が目立った。今夏に参院選を控える与党に配慮し、高齢者らの負担となる政策を明確に打ち出しにいくという事情がある。(2019年4月24日 日本経済新聞朝刊)

ドラッグに負けるな「スーパー、都市部で小型店」

 食品スーパーが郊外から都市部へどんどん出店している。店舗を小ぶりにするだけでなく、ドラッグストアなどとの競争に立ち向かうため、総菜を強化するなど、さまざまな工夫を凝らす。サミットは店舗面積が1千平方㍍以下と従来平均の半分、コンビニ5店分という小型店を相次ぎ出店、出足は好調という。サミット流の「ミニミニ大作戦」を徹底分析した。(2019年4月22日 日経流通新聞MJ)

「75歳以上世帯が1/4」単身は500万人超

 国立社会保障・人口問題研究所は19日、2040年までに世帯数の将来推計を公表した。40年には世帯主が75歳以上の世帯が1217万と、全体の4分の1を占める。一人暮らしは全体で1994万人と全世帯数の約4割となり、75歳以上の一人暮らしも500万人を超える。高齢の「お一人様」の存在感が高まることで、社会保障や生活インフラは大きな変化を迫られる。(2019年4月20日 日本経済新聞朝刊)


仕事や業務に役立つ教育やセミナーを実施しています。

◎「登録販売者資質向上研修」実施中。

⇒ 概要のご案内

⇒ 外部研修ガイドライン対応研修のご案内

◎「薬剤師資質向上研修」実施中。

⇒ 概要のご案内

セルメ・プラザに会員登録された方は、こちらからログインすると研修・教育の受講、薬業ライセンスの閲覧ができます。

(申し込み・登録されている方のみ利用できます)


薬業界を支援する団体のご案内。団体の最新ニュースやHPへリンクします。

団体最新ニュースへ
わが国唯一のドラッグストア業界団体
団体最新ニュースへ
ドラッグストア勤務薬剤師をサポートする団体
団体最新ニュースへ
登録販売者の方をサポートする団体
団体最新ニュースへ
生活者の健康と美容をアドバイスする人材育成機関
団体最新ニュースへ
薬業界の資質向上のための教育・研修機関

ブックストア
薬業界の本や書籍の
ご紹介
日登協地区情報
日登協会員向けの地区情報
ご案内
セルメデスク

セルメ・プラザのトップ画面のデザインが変わりました。

教育を受講の方は、トップ画面の下部分にあります をクリックしてはじめて下さい。