セルメプラザへようこそ
セルメプラザへようこそ

皆さまのキレイと元気を応援する健康総合プラザです。
元気な方、元気になりたい方、元気をサポートしている方が
知りたい情報が得られる、このセルメプラザでお楽しみください。

会員ページログイン
会員登録
会員登録はこちら

JACDS勤務薬剤師会会員、日登協会員、JACDS認定アドバイザーの方が登録することができます。


Informationゾーン

初めてのご利用の方へ 通信研修はこちら 集合研修はこちら コンシェルジュご利用の方へ 健康サポート薬局研修

セルメ・プラザからのご案内

2019年度 登録販売者「通信研修」について
 2019年度通信研修の学習期間は、2019年4月1日~2020年3月末です。期間中に6回分合格すると受講証明証が発行されます。なお、eラーニングは月に2回(2時間分)までの回答が可能です。通信研修修了まで最短で3か月間必要です。
 通信研修修了を目指す場合、スケジュールにご注意ください。郵送教材を使った通信研修(実費1,850円(税込))をご希望の方は日登協事務局へご連絡ください。

【重要】2019年度 登録販売者資質向上研修の実施方法の一部変更について
 都道府県行政によって4月中に研修実施報告をしなければならない地区があり、より適切に対応するために2019年度通信研修の実施方法を一部変更させて頂きます。
 2019年度は全員共通のカリキュラム(テキスト)で学習して頂きます。また、7月以降はスマートフォン・タブレットに対応する予定です。概要はこちらをご参照ください。


◎「健康サポート薬局」研修のご案内
 技能習得型研修開催日程公開中

◎登録販売者資質向上研修 2019年前期集合研修のご案内
◎登録販売者集合研修 Q&A集のご案内
◎セルメプラザ会員登録 設定についてのQ&A
◎日登協集合研修テキスト・バックナンバー販売中(NEW!)

薬事に関する最新情報やトピックスなどのご案内を行っています。

「診療所 都市偏在を是正」増化分の6割集中

 厚生労働省は診療所の新設が都市部に集中する状況を是正する。過去5年間で増えた診療所のうち6割強は東京などの5大都市部に集中し、診療を受けられる機会に偏りがある。厚労省は医師が多い地域での開業には在宅医療や休日・夜間の診療などを担うことを求める。条件を厳しくして地方での開業を促すとともに、都市部では高齢化に対応できる医療の拡充をめざす。(2019年5月24日 日本経済新聞朝刊)

「HACCP対応 まだ2割」食の安全

 日経MJの第45回飲食調業調査(2018年度)で、安全性への取り組みについて聞いた。20年6月から国際基準である「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に基づく衛生管理が義務化されることに対して、「1年以上前に整備・実施済み」「過去1年間で整備・実施」と応えた企業が約2割にとどまることが明らかになった。(2019年5月24日 日経流通新聞MJ)

「パーキンソン病を抑制」マウスで成功

 手足の震えや体のこわばりが起こる難病「パーキンソン病」の原因物質ができるのを抑制する物質を開発し、マウスを使った実験で症状を改善することに成功したと、大阪大や東京医科歯科大のチームが21日付けの英科学雑誌電子版に発表した。発症や進行を抑える根本的な治療法につながる成果として期待され、霊長類を使った動物実験を経て、患者に投与し安全性や有効性調べる治験に進みたいとしている。(2019年5月22日 日本経済新聞朝刊)


仕事や業務に役立つ教育やセミナーを実施しています。

◎「登録販売者資質向上研修」実施中。

⇒ 概要のご案内

⇒ 外部研修ガイドライン対応研修のご案内

◎「薬剤師資質向上研修」実施中。

⇒ 概要のご案内

セルメ・プラザに会員登録された方は、こちらからログインすると研修・教育の受講、薬業ライセンスの閲覧ができます。

(申し込み・登録されている方のみ利用できます)


薬業界を支援する団体のご案内。団体の最新ニュースやHPへリンクします。

団体最新ニュースへ
わが国唯一のドラッグストア業界団体
団体最新ニュースへ
ドラッグストア勤務薬剤師をサポートする団体
団体最新ニュースへ
登録販売者の方をサポートする団体
団体最新ニュースへ
生活者の健康と美容をアドバイスする人材育成機関
団体最新ニュースへ
薬業界の資質向上のための教育・研修機関

ブックストア
薬業界の本や書籍の
ご紹介
日登協地区情報
日登協会員向けの地区情報
ご案内
セルメデスク

セルメ・プラザのトップ画面のデザインが変わりました。

教育を受講の方は、トップ画面の下部分にあります をクリックしてはじめて下さい。